「やまぐち元気生活圏」づくりQ&A

Q.地域での暮らしの維持に必要なサービスを提供するのは行政の役割なのだから、「やまぐち元気生活圏」づくりも行政主導で進めるべきではないか。
A.地域で暮らし続けるためには何が課題となっているのか、次の世代の人々に地域に住んでもらうにはどうしたらいいのかをみなさん同士でよく話し合い、「自分たちにできること」を見出し、地域のみなさんが主体的に取り組んでいくことが重要です。
行政は、人材や場所、資金の確保など、地域のみなさんが主体的に取り組むことができるよう支援します。
Q.地域での話し合いをどのように進めたらいいかわからない。
A.県では、地域の取組が進むよう様々な支援を行っています。
  • 地域づくりを進める人材、組織を育成するための研修会の開催
  • 地域づくりを総合的にサポートするコーディネーターの派遣や、夢プランの作成支援
  • 実践を支援するアドバイザーなどの専門家の派遣
  • 拠点化やネットワーク化に向けた基盤整備に係る経費の助成等
進め方や支援内容については、県またはお住まいの市町担当窓口に御相談ください。