• HOME
  • 新着情報
  • 長門市で県庁中山間応援隊が活動を行いました。

長門市で県庁中山間応援隊が活動を行いました。

長門

更新日:2017年3月28日
[カテゴリ]

応援隊

長門市油谷宇津賀地域は、近年、元乃隅稲成神社への観光客が急増しています
が、少子・高齢化の進展により、山林や農地の管理が行き届かず、道路の法面周辺等に多くの孟宗竹が繁茂し、景観の観点からもひとつの課題となっています。
こうした中、「宇津賀地区まちづくり協議会」では、孟宗竹を地域資源ととら
え、地域活動の拠点である旧文洋小学校に廃材等を活用して手作りの竹炭窯を
設置、地元企業の支援を受け孟宗竹の伐採や窯入れの切断作業を行い、竹炭と
竹酢液の商品化に取り組んでいます。
協議会では、現在策定を進めている「夢プラン」の中で、今後、竹炭と竹酢
液を製品として販売し、コミュニティビジネスとしての展開を図っていくこと
としていることから、11月29日に県庁中山間応援隊を派遣し、竹炭や竹酢
液の製造方法等について、専門的な立場から意見交換を行い、課題の解決に向
け技術的な側面など、より質の高い製品づくりに向けた取組を支援しました。